住宅金融支援機構からお借り入れの方へ

住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)からお借入れの方へ

住宅金融支援機構は、様々な事情で返済が困難な方に対して積極的に返済方法の見直し任意売却をすすめています。

住宅金融支援機構のホームページ

様々な事情とは?

  • 何とか返済しているがギリギリの生活をしている。
  • 住宅ローン以外の借金があり、返済が苦しい。
  • 離婚した・離婚をするなどの理由から返済が困難になる。
  • 売却したいが実際に売れる金額よりもローン金額の方が多くて売れない。
  • すでにローンを滞納している。
  • 住宅金融支援機構・債権回収会社から通知が届いた。
  • 裁判所から競売開始決定通知が届いた。

相談者様のご希望にそった有利な解決方法を選択することができます。

当相談所による住宅金融支援機構の任意売却解決実績

住宅金融支援機構でお借入れの方からの相談件数は年々増加しています。
これまでの実績と経験をもとに着実に任意売却成功へのお手伝いをしております。

98%任意売却に成功!

任意売却を勧める内容と手続きについての書類一式が送られてきます。

クリックして拡大

融資窓口の金融機関または住宅金融支援機構から催告書などの通知が届きます。
「なんとか払わなければ・・・」ではなく、現状をしっかり受け止め、問題解決の糸口を私たちにご相談ください
この段階でキチンとした手続きを踏めば住宅金融支援機構は積極的に競売を取下げることに応じてくれることがほとんどです。

任意売却手続きをする不動産業者の選定について

住宅金融支援機構から紹介された不動産業者とのトラブル相談の増加

任意売却をすすめる通知には、住宅金融支援機構側から任意売却の手続きをする不動産業者を紹介できるといった内容が書いてあります。しかし、ここで考えていただきたいのが、不動産業者の選定方法です。
住宅金融支援機構から紹介してもらう業者のほとんどは、住宅金融支援機構の要望を最優先に考え任意売却を進めてしまう傾向にあるようです。したがって任意売却の解決方法についての希望を聞いてもらえることなく不本意な形で自宅を手放した方のお話を、これまで何度も聞いてきました。
実際にお会いし、あなたのご希望を最優先に考え、行動してもらえるような業者を選ぶことがあなたにとって有利になると考えられます。

不動産業者の選定ポイント
  • 現状をお聞きすることなく、任意売却をすすめる業者ではないか?
  • 相談の段階にも関わらず、すぐに依頼するよう印鑑を要求する業者ではないか?
  • 任意売却を専門に扱っているかどうか。( 自社ホームページ等で情報発信しているか)
  • ご自宅の周辺地域にある業者かどうか。
  • 実際にその業者の専門スタッフが相談から解決まで対応してくれるかどうか。
  • 後の流れなど口頭だけでなく専門的な資料をもとにキチンと説明できる業者か

当相談所の強み

  • 住宅ローン問題を専門に扱う会社

    不動産に関する資格は勿論のこと、住宅ローン問題解決に欠かせない資格を取得しているため、売却以外の方法も含めてご提案することができます。
    ※保有資格:FP(ファイナンシャルプランナー)・住宅ローンアドバイザー・任意売却アドバイザー・宅地建物取引主任者・不動産鑑定士

    住宅ローン問題を専門に扱う会社
  • 解決実績が豊富

    各金融機関の特性や手続きなどの違いを日々調査しているため、
    具体的なご提案をすることができます。

    解決実績が豊富
  • 地域密着による信頼と安心

    京都、滋賀限定で活動しているため、不安なことがあれば何度でも直接お会いし相談でき、
    面倒な交渉や手続きなど全て当社に任せることができます。

    地域密着による信頼と安心