よく頂くご相談

住宅ローンお困り相談所に寄せられた、よくあるご相談

家族問題(離婚・相続等)と借入金について

  • 相続放棄はどのような場合にするものですか?

    代表的な例として、被相続人(亡くなった方)に多額の借金がある場合や被相続人が連帯保証人になっている場合が挙げられます。

     

    相続すると被相続人(亡くなった方)の借入金や保証人としての地位も相続することになってしまいます。「相続放棄」という制度を使うとそれを避けることができます。他にも、兄弟間の相続争いから免れたい場合、跡継ぎにまとめて相続したい場合にも相続放棄は有用です。

    ただ、安易に相続放棄をしてしまうと、思いがけない結果になることもありますので、専門家に相談することをお勧めします。