よく頂くご相談

住宅ローンお困り相談所に寄せられた、よくあるご相談

自己破産について

  • 自己破産したら連帯保証人に迷惑がかかりますか?

    連帯保証人が残ったローンを一括で払わなければならなくなります。

     

    自己破産の手続きにおいては、すべての借金を裁判所に申告しなくてはいけません。

    連帯保証人がついている借金についても、同じように申告する必要があります。


    その結果、借入先(銀行など)から

    連帯保証人の方に、残りの借金を一度に支払うよう請求されます。


    連帯保証人が支払えなければ、連帯保証人の自宅や資産が差押えられることになります。

     

     

    当相談所は任意売却の専門家としての具体的なアドバイスを行なっています。

    あなたの返済状況や家計の収支をおうかがいし、1人1人に合わせた解決策を

    ご提案できます。

    また、任意売却を選択された際、

    自分から連帯保証人に事情をうまく説明できないという場合は、

    私たちが代わりにご説明させていただくことも可能です。

    ぜひ、無料相談で解決の1歩を踏み出して下さい。

     

     

    電話でのご相談はコチラ → 0120-83-0033(フリーダイヤル)

    メールでのご相談はコチラ → 24時間メールでのご相談受付しています。

    ラインでのご相談はコチラ(24時間OK)

    addfriends_ja.png

    他人にトーク内容を見られることはありません。また友達追加したこともわかりません。

    ご安心ください。

     

     

    ◆あわせてよくあるご質問

    Q.住宅ローン専門家とはどのような人たちですか? 

    Q.弁護士に相談していますが今からでも相談できますか?

    Q.任意売却にはどんな解決方法がありますか。

    Q.共有名義の自宅の売却、別居中でも大丈夫?