よく頂くご相談

住宅ローンお困り相談所に寄せられた、よくあるご相談

住宅ローンの返済について

  • 住宅ローンの利息と遅延損害金の違いは?

    利息は通常の元本に対する対価としての約定利息。遅延損害金は、延滞したことによる損害賠償金です。

    利息とは残元金に対して一定の率でかかってくる対価のようなものです。

    遅延損害金も一定の率でかかってきますが、こちらは損害賠償金にあたります。遅延損害金は、住宅ローンの返済日が過ぎると、返済日が過ぎてしまった金額について発生します。たまたま1回遅れてしまった場合等は、1ヶ月分の返済額に対して約14%の損害金がつくことになりますので、月10万円の支払の場合、1ヶ月遅れると損害金は約1,200円になります。
    注意すべきは、代位弁済がされた後(期限の利益の喪失後)については残元金全額に対して損害金がつくことです。
     通常、遅延損害金は14%以上の高い率が設定されていますので、3,000万円の残元金があると、1ヶ月で約35万円もの遅延損害金が発生することになります。
     
     
    当相談所では、無料相談にてあなたの返済のお悩みにアドバイスをさせていただいております。
     住宅ローンの専門家と一緒に家計の収支を見直す事で、悩みから開放された方もたくさんいらっしゃいます。
      一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。住宅ローンアドバイザーなど、有資格者のスタッフが丁寧に、わかりやすくご説明致します。返済計画表納税通知書など家計の収支がわかるものをお持ち頂ければより具体的なアドバイスが出来ます。