よく頂くご相談

住宅ローンお困り相談所に寄せられた、よくあるご相談

住宅ローンの返済について

  • 住宅ローンの支払いで家計がギリギリです。今できることは?

    家計の見直しを行ってください。例えば生命保険など、以外と無駄な保険に入っていたりします。間違っても住宅ローン返済のための借金は絶対にしないでください。

    まずは家計に無駄がないか見直してください。その上で、住宅ローンの金利や支払条件などを確認し見直しを検討してください。
    よくお聞きするのが、住宅ローンの金利や支払額の減額ができないかを検討する方がおられますが、これは間違いです。
    まずは、家計の無駄などを確認し、見直した上で住宅ローンの見直しを行うことをおすすめします。そうすることで、なぜ家計や支払が苦しいのかが分かり根本的な解決策が見えてくるからです。
    それでも難しいときは、借入先にリスケ(返済方法や返済時期の変更)の相談をすることも出来ます。但し、「リスケ」では当初の返済額を減らすことは出来ても、その分後に負担することになりますので、問題の先送りになってしまう可能性があります。
    いずれにしても、目先の利益だけにとらわれ、後から苦しくなってしまう方法はとらないように気を付けるべきです。
    一番注意していただきたいことは、住宅ローンを返済するための借金はしないことです。

     

    当相談所では、無料相談にてあなたの返済のお悩みにアドバイスをさせていただいております。
     住宅ローンの専門家と一緒に家計の収支を見直す事で、悩みから開放された方もたくさんいらっしゃいます。
      一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。住宅ローンアドバイザーなど、有資格者のスタッフが丁寧に、わかりやすくご説明致します。返済計画表納税通知書など家計の収支がわかるものをお持ち頂ければより具体的なアドバイスが出来ます。