よく頂くご相談

住宅ローンお困り相談所に寄せられた、よくあるご相談

住み続ける解決策の費用について

  • 住み続けるプランに費用はかかりますか?

    自己負担はO円です。

    住み続けるプランは、任意売却の中の解決方法の1つですので

    自己負担は0円です。

     

    住み続けるプランが成功した場合、

    当相談所が頂く報酬は、仲介手数料のみです。

    つまり、法律で定められている「売却金額の3%+60,000円+消費税」となります。

    しかし、この手数料はあなたが負担する必要はありません。

     

    仲介手数料を実費負担しなくて良い理由

    任意売却では、買い手から支払われる売買代金が、債権者に返済金として充当される事になります。

    しかし、売買代金の全額が返済に充てられるのではなく、仲介手数料等の諸経費を差し引いた額が

    返済に充当されるしくみになっています。

      (例)

      住宅ローンの残り  2500万円

      売買代金       1200万円   で任意売却した場合

      売買代金の内訳は以下のとおりです。                                      単位(円)

    6.jpg

     ※仲介手数料以外の諸費用のについてはケースにより、 借入先に認めてもらえる金額が異なる場合があります。

        

     

    上記のように、当社の報酬は債権者合意のもと、売買代金の中から仲介手数料(3%+6万円+消費税)を頂きます。

    その為、相談者の方が自己資金として費用を負担する必要が無いのです。

      

    また、成功報酬ですから、成約に至らなかった場合でも、費用は一切頂きません。 

       だから、任意売却の費用は0円で出来るのです。

       

    ※但し、印鑑証明書や住民票等の証明書取得費用は実費ご負担頂いております。(数百円~数千円)

     また、決済時に契約書印紙代(1万円~1.5万円程度)が必要となります。

     

    残った債務について

     任意売却に成功して、売買代金を返済に充てても、ローンが残る場合がほとんどです。 残った債務に関しては、分割返済

     に応じてもらえるように申し出ることができます。

     収入や生活状況により異なりますが、1万~2万円の無理のない返済をされている方がほとんどです。